企画概要

プログラム内容

体験活動

四日間のキャンプの中で、様々な体験活動を行います。各体験活動は専門家の指導のもと行われ、参加者する高校生たちが非日常の体験の中で新しい発見をする機会があります。

 

ワークショップ

日中にはコテージ内やその近辺でワークショップが行われ、参加者間の交流の機会となります。参加者が自分の新しい一面に気づくことを目的としています。

 

対話時間

対話時間では、何かのテーマについて班ごとに話し合います。多様な参加者と腹を割って語り合うことで他者の価値観に触れ、相対的に自分を見つめ直します。

 

 

 

参加者の声

 いろんな人と出会っていろんな考えを知って、自分の考えを広げたいと思い、UTSummerに参加しました。そこには絶対関わることがないと思っていた人が沢山いて、とても刺激的な毎日でした。プログラムを通じて多様な人と話す中で、自分と違う意見を素直に受け入れることが出来るようになりました。私にとっては大きな変化でしたが、キャンプの中で、自分と全く異なる考えをぶつけてくれる人に出会えたからだと思います。

高校一年生

 自分の未熟さに気付かされることばかりで、ただただ悔しかったです。やらなくちゃいけないことだけじゃなくて、自分がやりたいことを自分で決めて頑張らないといけないという気持ちになりました。勉強できないくせに何言ってるの、という、学校みたいな雰囲気がなくて、すごく話しやすかったです。

高校一年生

 話したい、聞きたい、感じたい。UTSummerに参加した動機はこの三つでした。参加する前は、話についていけるのか、不安でいっぱいでした。しかし、四日間を振り返って、参加することにした私の決断は間違っていなかったと思います。普段の生活から離れて、周りには言えない悩みを他の参加者と共有でき、その中で新たな視点、価値観を得る場面もありました。腹を割って本音でぶつかり、意見を言い合うことで参加者の高校生や大学生との関係が深まったと思います。

高校二年生

昨年度の様子

UTSummerでは、昨年、今年度の会場と同じ檜原村で30人規模のパイロット事業を実施しています。ここでは昨年度のパイロット事業の記録から、一部をお見せします。プログラム内容には大幅な変更がなされていますが、UTSummer Hinohara 2018の舞台となる檜原村の雰囲気や参加者の様子など、ご参考にしてください。