運営団体

運営団体

UTSummerは、中高生に対話の機会を提供する活動をしています。
日常のキャラやポジションから自由に、教室の中では話しづらいことも本音でぶつけ合える場所を提供したい、そうした理念のもと、毎年夏に行われる「UTSummer Hinohara」をメインに、中学・高校への出張授業なども含め、様々なイベントの企画・運営を行っています。

本団体は東京大学の学生団体として、東京大学「共生のための国際哲学研究センター」(UTCP)の後援を受けています。また、サマーキャンプ事業については、電通育英会・子どもゆめ基金に活動趣旨へのご賛同をいただき、去年に引き続いて協力・助成が決定しています。また、開催地である東京都檜原村ならびに檜原村観光協会からも後援を頂いています。

設立者挨拶

UTSummerは、全国30名の中高生を対象に、4日間のサマーキャンプを作る学生団体です。平成29年の団体立ち上げ以来、高校生に対話の機会を提供するという理念のもと、活動を進めてきました。

運営メンバーの共通の目標となっていたのは、高校時代の自分たちが欲しかったような場所を作ることでした。色眼鏡を通さず自分をそのまま見てもらえる場所。空気を読まなくても発言できて、みんなの本音を聞ける場所。そして何より普段のキャラクターやクラス内の立ち位置から自由になって、自分を自分として受け止めてもらえる場所。そんな空間をサマーキャンプの形で実現したい、というのが団体設立の思いです。

まだまだ年若い団体ではありますが、UTSummerでは今後も中高生を対象に企画を開催していきます。今後とも、UTSummerをどうぞよろしくお願いいたします。

共同代表挨拶

団体運営メンバーの個人的な思いから始まった本企画ですが、現場の先生方や、後援・協力団体の方々からご理解・ご賛同をいただいて、昨年の8月に無事、第1回目のサマーキャンプを開催することができました。そして、昨年の第1回キャンプ参加者のみなさんのキャンプ中のいきいきとした表情を見て、私達の企画は実際に多くの高校生に求められていたのだという確信を持つことができました。

こうして無事に第2回目のキャンプを開催できるのも、昨年に続き助成をいただいた電通育英会、国立青少年教育振興機構の方々をはじめ、諸先生方や檜原村の皆様方からの多大なご支援・ご協力のおかげです。全国の中高生にとってこの企画が有意義なものになるよう、今後もより一層企画準備に努めて参ります。

今年は新たな運営メンバーも加わり、昨年度の経験も活かしてさらにグレードアップした企画をお届けいたします。また、より多くの方に機会を提供すべく、今年は高校生に限らず中学3年生まで対象を広げています。

UTSummer Hinoharaはみなさんとともに作り上げる4日間です。参加者のみなさんとどんな4日間を作ることができるのか、運営スタッフ一同、今から楽しみでなりません。たくさんのご応募をお待ちしております。

アドバイザーからの言葉

学校というのは不自由なところだ。同じ空間、同じ時間の中に置かれ、一律に与えられるものを飲み込み、消化しないといけない。そんなところに自分を閉じ込めておく必要なんて、これっぽっちもない。学びの場は、もっと別のところ、外の、もっと広いところにあっていい――学生団体UTSummerは、そんな気持ちを共有する高校生たちと共に語らい、共に考え、共に学びあう場を作ろうとしている。学生だからこそ、ついこの間まで高校にいた彼らだからこそもっている思い、悩み、願いがある。彼らだからこそ、中高生と共に開くことのできる可能性がある。だから私は見守り、応援する。そして見届けよう。今年の夏、彼らが何をするのか、楽しみにしている。

スタッフ