企画概要

プログラム内容

<プログラムのイメージ>

ワークショップ

日中にはコテージ内やその近辺で多種多様なワークショップが行われます。参加者同士の交流を深めるものから、対話の足がかりとなるような自己省察や相互理解を自然と促すものまで、様々な工夫が凝らされています。

 

 

体験活動

四日間のキャンプの中で、檜原の自然を活かした様々な体験活動を行います。各体験活動は専門家の指導のもと行われ、非日常体験の中で、新しい価値観の発見や「当たり前」への気付きが得られる、貴重な体験です。

 

 

対話ワークショップ

対話の時間では、何か一つのテーマや問いについて、少人数のグループに分かれてじっくり話し合います。バックグラウンドも違えば考えることも全く違う、多様な参加者と腹を割って語り合う中で、他者の価値観に触れ、相対的に自分を見つめ直します。

 

 

 

参加者の声

全体的にみると、グループで話し合ったときに得たものがすごく大きい。グループでは自分が出せるようになった。自分のキャラ的に学校では真面目な考えを出すことができなくて、なにも考えてないように見せていた方が楽だと思っていたが、ここでは聞いてくれる人がいて、自分だけで完結させてしまわなかった。問いを受けることで自分の中身を深めていき、自分ってこんなことを感じていたのかと、自分でも驚く発言がでることもあった。

(高校2年・女子・佐賀県)

チームに縛られすぎず話し合える時間も豊富で様々な人の様々な意見を聞けたので、思った以上にいろんな人とじっくり話し合い、それにより考えや価値観に触れることができた。

(中学3年生・女子・東京都)

4日間真剣に話し合ったメンバーとは普段は絶対言えない悩みや過去の話ができる関係を築くことができたことが嬉しかったし、不思議な感じだった。

(高校2年・男子・埼玉県)

ほかの方の声も参加者・保護者の方の声のページで紹介しておりますので、ご覧ください。

昨年度の様子

昨年の夏に行われたUTSummer Hinohara 2019 の様子です。